宿泊施設でリュックサックを盗んだ23歳の陸自の男を逮捕

6月22日、広島市の宿泊施設で宿泊客のリュックサックを盗んだとして、陸上自衛隊の海田市駐屯地に勤務する23歳の自衛官の男が盗みの疑いで逮捕された。逮捕されたのは、陸上自衛隊の海田市駐屯地に勤務する陸士長・上土井篤容疑者(23)。

警察によると、上土井陸士長は22日午前4時10分ごろ、宿泊していた広島市中区の宿泊施設で、面識のない57歳の男性の部屋からTシャツなどが入ったリュックサックを盗んだ疑い。

宿泊施設から通報を受けた警察が従業員の話をもとに周辺を捜査した結果、宿泊施設にいた男と服装などの特徴が似ている上土井陸士長を見つけたため事情を聞いたところ、容疑を認めたという。

警察は事件のくわしいいきさつを調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ