坂町の国道で縁石に接触して転倒した大型バイクの海上自衛官が死亡

6月21日、安芸郡坂町の国道で、大型バイクが道路脇の縁石に接触して転倒した。運転していた男性が死亡した。事故があったのは、安芸郡坂町植田の国道31号。21日午後9時50分頃、南へ走行していた大型バイクが、道路左側の縁石に接触して転倒。

バイクを運転していた海上自衛隊呉基地の自衛官・大塚亮さん(35)が頭を強く打ち死亡した。現場はゆるやかな右カーブで、バイクは転倒してから、かなりの距離を横滑りしたと見られる。県警は前回の「緊急事態宣言」終了後、交通量の増加に伴い事故が増加した事態を教訓に、取り締まりを強化している。(広島テレビ)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ