新型コロナ感染、スポーツクラブクラスター、ルネサンス、ゼクシスで計58人

6月18日、広島市がこれまでに公表したスポーツクラブのクラスター3件のうち2件で、新たに利用者あわせて6人の感染が発表され、3件の感染者数は計58人になった。

広島市は、11日に1件、12日に2件、市内のスポーツクラブでクラスター(感染者集団)が発生したと公表し、各クラブはこれまでにそれぞれのホームページで店の感染状況や感染対策などについて発表している。

1例目(11日発表)は、「ルネサンス広島東千田24」(広島市中区)で、18日に新たに利用者1人の感染が確認され、感染者は計18人(従業員3人。利用者15人)になった。

2例目(12日発表)は、「ルネサンス広島ボールパーク24」(広島市南区)で、これまでに13人(従業員3人・利用者10人)の感染が確認されている。

3例目(12日発表)は、「ゼクシス広島」(広島市南区)で、18日に新たに5人の感染が確認され、感染者は計27人(従業員1人・利用者26人)になった。

これまでに感染が確認された患者あわせて58人の年齢は20代から70代。18日に新たに発表された6人(40代~70代)はいずれも軽症。

各クラブは感染者が利用した施設や時間帯などをそれぞれのホームページに掲載していて、体調不良を感じたら保健所に連絡するよう呼び掛けている。

27人の感染者が確認された「ゼクシス広島」は、新たに扇風機30台を追加設置、利用定員をさらに削減するなど、厳格な感染対策をさらに徹底するとしている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ