新型コロナ、広島市内のスポーツクラブでクラスター発生など2日間で73人が感染、県内延べ1万1233人

6月12日の広島県内での感染確認は、広島市で新たに22人が感染し、広島市内にある2つのスポーツクラブで、利用者や従業員が感染するクラスターが発生したことを公表した。広島県内では、あわせて33人の感染確認と、入院していた患者2人が11日に死亡した。

6月13日は、広島市が27人、東広島市が8人、廿日市市が3人、江田島市と庄原市がそれぞれ1人の、あわせて40人の感染確認が発表された。

これで、県内で確認された感染者数は延べ1万1233人となった。

また、新型コロナウイルスに感染して県内の医療機関に入院していた3人が死亡した。

県内で新型コロナウイルスに感染してその後、死亡した人はこれで156になった。(N HK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ