安芸高田市が営業許可を得ずに給食を提供、突然カレーが出たら要注意

6月8日、安芸高田市教委は、市の給食業務を受託している広島アグリフードサービス(広島市佐伯区)が4月1日から6月7日までの間、安芸高田市給食センター(八千代町)で食品衛生法に基づく営業許可を得ずに給食を提供していたと発表した。

広島県西部保健所の指摘で発覚したという。同社が4月に業務を引き受けた際に申請を忘れ、市教委も確認を怠っていたという。

広島アグリフードサービスは3月26日、安芸高田アグリフーズから業務を引き継ぐ形で市と契約した。4月8日、保健所による現地確認のため、同センターの業務が一時停止した。市教委は市内の小中学校や保育園など21施設に提供する2400食分の代わりに、市が備蓄している非常食のカレーを配布した。(中国)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ