新型コロナ、入院患者3人死亡など、新たに51人が感染、県内延べ1万739人

6月1日、広島県内では、新たに51人が新型コロナウイルスに感染していることが明らかになった。県内の感染確認は、3日連続で100人を下回った。1日、感染の確認が発表されたのは、広島市が31人、廿日市市が11人、呉市、東広島市が3人、福山市、三原市、海田町がそれぞれ1人のあわせて51人。

これで県内での感染確認は、延べ1万739人となった。

また、広島県と広島市は、新型コロナウイルスに感染して県内の医療機関に入院していたあわせて3人が死亡したと発表した。

県内で新型コロナウイルスに感染し、その後、死亡した人は134人となった。

広島県は、感染の急増はおさまったものの対策は緩められないとして、外出の半減やマスクの着用など感染対策の徹底を引き続き呼びかけている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/c1dfa0d830886ca30de03d7e810bcbaced7d214b

広島

2021/06/02 (Wed) 04:38 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ