瀬戸内海で外国船籍の船と衝突した日本の貨物船が衝突して沈没

5月27日遅く、広島県と愛媛県の間の瀬戸内海で、日本の貨物船と外国船籍の船が衝突した。日本の貨物船に乗っていた12人のうち9人は救助されたが、3人の行方がわかっておらず、海上保安部が行方を探している。

27日午後11時55分ごろ、広島県呉市にある大崎下島の南東の来島海峡付近で、日本の貨物船「白虎」およそ1万1000トンと、マーシャル諸島船籍のケミカル船「ULSANPIONEER」およそ2700トンが衝突したと通報があった。この事故で貨物船は転覆し、およそ2時間40分後に沈没した。

愛媛県にある今治海上保安部によると、この事故で貨物船の乗組員12人のうち、船長の佐藤保さん、1等機関士の小川有樹さん、2等機関士の上畠隆寛さんの3人の行方がわかっていないという。

また消防によると、貨物船の9人はいずれも市内の病院に搬送され、命に別状はないという。

「ULSANPIONEER」には韓国籍とミャンマー籍のあわせて13人が乗っていたが、この船は沈没しておらず、けが人はいないという。

海上保安部によると、「白虎」は27日午後4時半に神戸港を出港し、28日午前5時半に福岡県の苅田港に入港する予定だった。

海上保安部などが10隻以上を出して、行方が分かっていない3人の捜索にあたっている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

韓国籍ってだけでわざととしか思えない

2021/05/31 (Mon) 23:16 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ