三原市でエアコンの室外機32台が相次いで盗まれる

三原市では、エアコンの室外機が相次いで盗まれているという。その数は32台にもなるという。8年ほど前に廃校となった旧羽和泉小学校で5月11日、市の職員が点検で訪れた際に、校門の扉の南京錠が壊され、市内の学校から集められたエアコンの室外機が盗まれていることに気づいたという。

校舎の周辺にある高さ1.5メートルほどのフェンスの中にあった3台もなくなっていて、この廃校での被害は合わせて15台に上るという。

被害は、旧久井支所や公民館などでもあり、三原市が調べたところ、26日までに市内6カ所で室外機32台が盗まれていた。いずれも現在は使われていない公共施設にあったものだという。

室外機の大半は減価償却が終わっていて、一部は故障していたものだという。

三原市は、旧羽和泉小学校での被害について、すでに被害届を警察に提出しており、27日以降、残り全ての被害についても届け出る予定。

警察は、リサイクル業者などに売るために盗んだとみて、窃盗事件として捜査している。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ