福山市で、せっかく予約してワクチン接種したら生理食塩水だった

福山市は、5月23日に行った高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの集団接種で、最大6人に対してワクチンを希釈する生理食塩水を接種した可能性があると発表した。健康被害のおそれはないというが、市は接種を受けた人全員に抗体検査を行い、特定することにしている。

福山市は記者会見を開き、23日午前、北部市民センターで行った新型コロナウイルスワクチンの集団接種で、最大6人に対しワクチンを希釈するための生理食塩水を接種した可能性があると発表し、謝罪した。

市によると、会場で119人の接種を終えたあと6人分のワクチンが残ったことから調べたところ、ワクチンを希釈する生理食塩水を1本多く使用していたという。

通常、ワクチンは生理食塩水で希釈して接種するが、誤って使用済みのワクチン容器に生理食塩水を注入したことが原因と見られるという。

生理食塩水を接種しても健康被害のおそれはないというが、感染を防ぐ抗体ができないため、市はこの会場で同じ時間帯に接種を受けた人を対象に抗体検査を行い、再度ワクチンを接種する方針。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ