福山市でバイクでパトロール中の巡査が軽自動車と衝突して死亡

5月13日夕方、福山市の県道で、パトロール中のバイクが対向車線を走行していた軽乗用車と衝突し、運転していた20代の警察官が死亡した。13日午後4時20分ごろ、福山市神村町の県道で、バイクに乗ってパトロールをしていた福山西警察署の交番に勤務する小田悠策巡査(24)が対向車線を走っていた軽乗用車と衝突した。

この事故で、小田巡査は市内の病院に搬送されたが、およそ1時間後に死亡が確認された。軽乗用車を運転していた女性にケガはなかった。

現場は福山西警察署から700メートルほど北に位置するゆるやかなカーブで、警察は現場の状況や目撃情報から、小田巡査のバイクがセンターラインを越えて事故を起こしたとみて詳しい状況を調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ