海田町でアパート火災、焼け跡から1人が遺体で見つかる

5月10日夜、広島県海田町でアパートの台所部分を焼く火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかった。警察は、この部屋に住む一人暮らしの男性とみて身元の確認を急いでいる。10日午後10時20分ごろ、海田町畝の5階建てアパートで1階に住む光山成一さん(62)の部屋から火が出た。

消防車18台などが出動し、火は台所部分を焼き、およそ50分後に消し止められたが、焼け跡から1人の遺体が見つかった。

この部屋には、光山さんが1人で暮らしていたが、その後、連絡がとれないことなどから警察と消防は、遺体は光山さんとみて身元の確認を急ぐとともに、詳しい火事の原因を調べている。(TSS)



海田町 アパート火事

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ