新型コロナ、新たに177人が感染、県内延べ7134人

5月10日、広島県内では、これまでに新たに177人が新型コロナウイルスに感染していることが明らかになった。県内での感染確認が150人を超えたのは3日連続となった。自治体別では、広島市がこれまでで最も多かった9日を上回って121人、福山市が10人、呉市が9人、三原市と東広島市がそれぞれ7人、尾道市が6人、庄原市と廿日市市がそれぞれ4人、江田島市と府中町がそれぞれ2人、大竹市、府中市、北広島町、海田町、坂町が、それぞれ1人のあわせて177人。

これで広島県内の感染確認は延べ7134人となった。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ