広島市安佐北区の住宅で72歳の夫が80歳の妻を絞殺

5月8日、広島市の住宅で80歳の妻の首を絞めて殺害したとして、72歳の夫が殺人の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、広島市安佐北区亀山5丁目の村武哲也容疑者(72)。警察の調べによると、4月30日、自宅で一緒に暮らす妻の亥聖子さん(80)の首を絞めて殺害したとして殺人の疑いが持たれている。

警察は、4月30日に安否の確認を求める通報を受けて自宅を調べたところ、手首を切って倒れている村武容疑者を見つけて病院に搬送し、亥聖子さんは呼びかけに対し応答が無かったという。

村武容疑者は8日、退院したところを逮捕され、調べに対し「間違いありません」と供述し容疑を認めているという。

ふだんから亥聖子さんを介護していたということで、警察は無理心中を図った可能性があるとみて、詳しいいきさつを調べている。
(NHK広島)



広島市安佐北区亀山 村武容疑者

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ