呉市倉橋町のトンネルで車同士が衝突、近所の男性が死亡

5月4日朝、広島県呉市のトンネルで軽乗用車同士が衝突する事故があり、一方の車を運転していた近くに住む高齢の男性が死亡した。4日午前7時半すぎ、呉市倉橋町にあるトンネルで、軽乗用車が対向車線を走っていた別の軽乗用車と衝突した。

この事故で、一方の軽乗用車を運転していた近くに住む堀勇男人さん(72)が胸を強く打って市内の病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認された。

また、対向車線を走っていた軽乗用車を運転していた50歳の女性もけがをしたが、意識もあり命に別状はないという。

現場は片側1車線のトンネルで、事故の影響でおよそ5時間にわたって通行止めとなった。

警察では事故の詳しい原因を調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ