呉市吉浦中町で住宅火災、焼跡から1人が遺体で見つかる

5月4日朝、呉市で木造の住宅が全焼し、焼け跡から1人が遺体で見つかった。4日午前8時ごろ、呉市吉浦中町の新谷節雄さん(85)の住宅から火が出ていると近くに住む人から消防に通報があった。

消防車7台が出て、火はおよそ3時間後に消し止められたが、この火事で木造平屋建ての住宅1棟が全焼し、焼け跡から1人が遺体で見つかったという。

警察によると、この家には新谷さんが1人で住んでいて、火事のあと新谷さんと連絡が取れなくなっているという。警察は亡くなったのは新谷さんとみて身元の確認を進めるとともに火事の原因を調べている。

現場は吉浦小学校から北に100メートルほど離れた住宅街。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/1f9b4ca4d61dd99e7e94e9789921efb67ae3e697

三原

2021/05/04 (Tue) 16:22 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ