新型コロナ、私立学校で35人のクラスター発生など64人が感染、県内延べ6080人

5月1日、広島県内では、新たに64人の新型コロナウイルスの感染確認が発表された。自治体別の新規感染者数は広島市で40人、福山市で6人、三原市で5人、府中町で3人、三次市と東広島市でそれぞれ2人、呉市と廿日市市、尾道市、江田島市、北広島町、坂町でそれぞれ1人。

これで県内での感染確認は、延べ6080人となった。

また、広島市にある私立学校で、1日までに生徒と教職員あわせて35人の感染が確認されたことが明らかになり、市はこの学校で感染者の集団(クラスター)が発生したと発表した。

感染が確認されたのは、生徒32人、教職員3人のあわせて35人。

広島市によると、この学校では4月26日に教職員1人の感染が確認されていて、その後、体育館で行われていたクラブ活動などでこの教職員と接触した生徒などあわせて35人の感染が確認された。

市は、すでに感染が確認されている人と接触した可能性のある学校の生徒と教職員についてはすでに検査を終えているという。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

STU 高校

2021/05/01 (Sat) 23:51 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ