全国で野球のグローブばかりを盗んだ男女を逮捕

20年12月、広島県福山市のスポーツ用品店で野球のグローブを盗んだとして、20代の男女2人が逮捕された。逮捕されたのは、いずれも富山市小杉の無職、豊田元樹容疑者(29)と平野愛夢容疑者(22)の2人。警察によると、2人は20年12月20日、広島県福山市のスポーツ用品店で合わせておよそ5万7000円相当の野球のグローブ2点、盗んだとして窃盗の疑いがもたれている。

警察が防犯カメラの映像などから豊田容疑者を特定し、自宅を調べたところグローブ21点が見つかり、中には6万円相当の高額なグローブもあったという。

豊田容疑者は「全国で50以上の店からグローブを何百個も盗んだ」と容疑を認めていて、調べに対し「転売して生活費にあてていた」と供述しているという。

豊田容疑者の口座には、野球用品を買い取る業者から、グローブなどおよそ100点分にあたる数百万円にのぼる振込があったことから、警察では2人がグローブばかりを狙って盗みを繰り返し、販売していたとみて調べを進めている。

また、豊田容疑者の自宅からは覚醒剤と大麻が見つかったということで、警察は、豊田容疑者を覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反の疑いで逮捕した。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ