新型コロナ、新たに33人が感染、変異型は114人が感染

4月26日、広島県内では、新たに33人の新型コロナウイルスへの感染確認が発表された。また、広島市と福山市は新たに114人の変異ウイルスの感染が確認されたと発表し、1日の発表数ではこれまでで最も多くなった。

自治体別の新規感染者数は、広島市が18人、福山市で5人、呉市で2人、尾道市で1人、大竹市で1人、東広島市で1人、三原市で1人、江田島市で1人、海田町で1人、府中町で1人、熊野町で1人、の合わせて33人。

これで、県内での感染確認は延べ5734人となった。

また、広島市で82人、福山市で32人が変異した新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表され、1日の感染確認の発表としてはこれまででもっとも多くなった。

これで、県内での変異ウイルスへの感染確認は227人となった。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ