新型コロナ、新たに10人が感染、県内延べ5182人

4月1日、広島県内で新型コロナウイルスの感染を確認したのは10人となった。内訳は、広島市で10代から90代の合わせて7人で、いずれも軽症。廿日市市で20代と30代の合わせて2人、東広島市で20代1人。

一方、広島市中区流川町の飲食店は、感染拡大の兆しに不安が拭えないという。今週に入り、徐々に客足が遠のきはじめたと言う。感染拡大の第1派から1年。歓送迎会など、例年であればかき入れ時の春を、再び直撃している。そして、県内5カ所のPCRセンターと、広島市内の薬局およそ200カ所で、無料のPCR検査の受付が始まった。広島県は徹底的な検査で、感染拡大の防止を図りたいとしている。(広テレ)

これで県内の感染者数は延べ5182人となった。(県)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ