新型コロナ、新たに20人が感染、県内延べ5172人

3月31日、広島県内で新たに新型コロナウイルスに20人の感染が発表された。また、広島市では10代、20代による会食などのクラスターも発生している。内訳は広島市で18人、福山市で2人。

これで、県内の感染者数は延べ5172人となった。

これにより、広島市でこの1週間で人口10万人あたりの新規感染者数が5.3人となり、県の警戒基準値である4人を超えたことから、湯崎知事が緊急会見を開いた。

湯崎知事は、あらためてマスクや手洗いなどの基本的な感染対策の徹底や、4月1日から始まる広島市の薬局と協力して行うモニタリングPCR検査の活用などを県民に呼びかけている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ