尾道の家の駐車場がら車を出そうとしたら、妻がなぜ転倒?なぜ気付かずひく?

3月31日午前、尾道市の市道で63歳の男性が家の駐車場から出そうとした車に、妻がひかれ死亡する事故があった。警察によると、31日午前9時15分ごろ、尾道市向東町の市道で、介護士の金尾和幸さん(63)が駐車場から車を出そうと前進したところ、妻のひとみさん(66)が転倒したことに気づかずひいたという。

ひとみさんは、病院に搬送されたが、およそ2時間後に死亡した。金尾さんはひとみさんを病院に連れて行こうとしていたという。警察は、事故の原因を詳しく調べている。(TSS)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

年配者って何故か知らないが
デイサービスのお迎えの車とか自分が呼んだタクシーとか
しっかり停まってドアを開けてくれるまでそこに立ってりゃいいのに
まだ動いてるのに歩いて寄っていくよね。

2021/04/01 (Thu) 11:52 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ