エジプトから帰国した広島の50代女性が検疫所の宿泊施設で死亡

3月27日、厚生労働省は、空港検疫で新型コロナウイルスへの感染が確認され、宿泊施設で療養していた広島県の50代女性が死亡したと発表した。26日午後の健康確認で異常はなかったが、27日朝の定時報告で連絡がつかず、訪問した職員がベッドで倒れているのを発見。救急隊員がその場で死亡を確認した。検疫所の宿泊施設で死亡した例は初めて。死因はわかっていない。

発表では、女性は16日にエジプトから成田空港に到着した際に感染が確認された。17~19日に発熱があったが、その後は下がっていたという。PCR検査で陽性が続いていたが、ウイルスが変異株だったかは判定できていない。(朝日)




関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ