安芸太田町議選挙で辞職した元議長が立候補

3月23日、任期満了に伴う安芸太田町議選(定数12名、28日に投開票)が告示された。現職12人、元職1人、新人3人の計16人が立候補。

ところが、20年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、元法相の河井克行被告から現金20万円入りの封筒を受け取って20年9月に議員辞職した矢立孝彦元議長(67)が、また立候補した。

辞職した元議長では、北広島町の元議長が無投票で当選している。

※3月27日、訂正
矢立氏は議長を辞職したが議員は辞職していなかった。議長辞職と議員辞職の間違い。



令和3年 安芸太田町議選挙

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ