河井克行被告が地元議員買収を認め議員辞職を表明

3月23日、元法務大臣の河井克行被告(58)の裁判で、23日から被告人質問が始まり、河井被告は「地元議員らへの買収罪の事実は争わない」と無罪主張から一転、起訴内容の大半を認めたという。

議員バッヂを付けて出廷した河井被告は、初公判から一転して買収の罪を認めた一方で、衆院議員を辞することとしたと表明した。

河井克行被告は19年の参院選で、妻の案里元被告(47)を当選させるため、地元議員ら100人に現金あわせて2900万円を渡し買収した罪に問われている。

被告人質問で、弁護側から起訴内容について問われると、河井被告は地元議員への現金提供を認めたうえで、「あからさまに投票依頼はしていないが、妻・案里の当選を得たいという気持ちが全く無かったとは言えない」とし、「買収罪の事実を争うことは致しません」と無罪を主張した初公判から一転、起訴内容の大半を認めた。

一方、案里元被告と共謀したとされる地元議員への現金提供については、「事実に反するため、無罪を主張します」とした。(JNN)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ