呉市の音頭瀬戸で貨物船と小型船が衝突

3月19日、呉市の音頭瀬戸で貨物船と小型船が衝突した。19日午後9時30分ごろ、呉市音戸町の音頭瀬戸で、アマコウ海運(兵庫県尼崎市)貨物船松浦丸(199トン)と広島市東区の会社員男性(56)の小型船が衝突した。呉海上保安部によると、貨物船の船首近くに傷が付き、小型船の左舷に亀裂ができたという。

各船3人ずつの乗組員たちにけがはなく、浸水や油漏れもなかったという。貨物船は呉市の呉港で積み荷を降ろして兵庫県淡路市へ向かう途中で、小型船は松山市から広島市南区の広島港へ航行中だったという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ