大竹市職員が病気休暇中に大学院受験&勤務中にパソコンで私物購入

3月12日、広島県大竹市は、病気休暇中に大阪府内の大学で大学院を受験したなどとして、総務課付男性主査(44)を減給10分の1(2カ月)の懲戒処分にしたと発表したという。処分は11日付。

市総務課によると、主査は病気休暇を取っていた20年9月、大阪府内の大学の大学院を訪れて受験した。外部の通報で発覚したという。

また、主査は20年9月、勤務時間中に職場パソコンを使って個人的な旅行の予約をしたり、私物を購入したりしたという。同僚が気付いて判明した。旅行の予約などは約2年前から、私物の購入は約1年前から繰り返していたという。

主査は現在、病気休暇を経て病気休職中。事実関係を認めているという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ