福山市で住宅1棟が全焼、60代の住人と連絡取れず

3月10日未明、福山市で住宅1棟が全焼する火事があった。10日午前1時50分ごろ、福山市東手城町で木造2階建ての住宅から火が出ていると近所の人から消防に通報が相次いだ。ポンプ車など14台で消火にあたり、火はおよそ1時間後に消し止められたが、住宅1棟が全焼した。

警察などによると、この住宅には60代の男性が1人で暮らしていて、火事のあと連絡が取れなくなっているという。警察はこの男性の行方を探すとともに、火事の原因を調べている。

現場はJR東福山駅から南西に1キロほど離れた住宅街で、当時、乾燥注意報が出されていた。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ