呉市の市道交差点で7歳の小学生女児が車にはねられ意識不明の重体

3月9日昼すぎ、呉市の市道の交差点で小学1年生の女の子が軽乗用車にはねられ、意識不明の重体だという。9日午後3時ごろ、呉市焼山本庄4丁目の市道の交差点で、近くに住む小学1年生の7歳の女の子が軽乗用車にはねられた。

警察と消防によると、女の子は、頭などを強く打って広島市内の病院にドクターヘリで運ばれ、意識不明の重体だという。

女の子は下校途中に、信号機のない横断歩道をわたっていた際にはねられたということで、警察は軽乗用車を運転していた市内に住むパートの迫田稔美容疑者(46)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕した。調べに対し、容疑を認めているという。

現場は、JR天応駅からおよそ4キロ北東に位置する見通しの良い坂道の市道で、警察によると、軽乗用車は坂の上から下に向かって走行していたという。警察が事故の詳しい状況を調べている。(NHK広島)



呉市焼山本庄 小学生人身事故

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ