JR山陽線の踏切に入った女性が貨物列車と衝突して即死

3月9日朝早く、広島市西区のJR山陽線の踏切内で、女性が貨物列車にはねられ死亡した。警察やJR西日本によると、9日午前4時ごろ、広島市西区井口のJR山陽線・新井口駅から五日市駅の間の踏切内で、福岡から名古屋に向かっていた貨物列車が、成人女性と衝突した。

運転手は非常ブレーキをかけたが間に合わず、女性はその場で死亡が確認された。警察は、女性の身元や踏切内に入った経緯を調べている。

この事故の影響でJR山陽線は、およそ2時間にわたって運転を見合わせ、上下線合わせて5本が運休となり、およそ1000人に影響が出た。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ