少しやつれた河井克行被告が保釈される

3月3日、河井克行被告(57)が8カ月超の勾留を経て、東京・小菅の東京拘置所から保釈された。東京地裁が同日、保釈を認める決定をし、元法相側が保証金5千万円を納付した。東京地検は決定を不服として抗告したが、東京高裁が棄却した。

元法相は3日午後9時すぎ、ダークスーツにネクタイ姿で、胸に議員バッジを着け、拘置所を出た。集まった報道陣に向かって、マスクを外して10秒ほど深々と頭を下げ、無言のまま弁護士と共に車に乗り込んだ。(共同)



河井克行 保釈

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ