バス停で85歳女性に自転車で衝突して逃げた無職の男を逮捕

2月、広島市のバス停で、高齢の女性に自転車で衝突して重傷を負わせ、そのまま逃げたとして39歳の男が3月3日、逮捕された。ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、広島市南区の無職・田中滋巳容疑者(39)。

警察によると、田中容疑者は、2月18日午後2時50分ごろ、広島市南区の大州4丁目バス停で、バスに乗ろうしていた女性(85)に自転車で衝突し、けがをさせ、そのまま逃げた疑い。

女性は、左手首の骨を折る重傷を負った。

調べに対し田中容疑者は、「間違いない」と容疑を認めているという。

警察は、バスのドライブレコーダーや付近の防犯カメラから田中容疑者を割り出したという。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ