「ボコボコか15万円払うか?」福山の少年ら3人を逮捕

「ボコボコにされるのと、15万円払うのとどっちがいいんや」などと言って、会社員の男性(25)を脅したうえ、21年1月には被害男性の勤務する会社に押しかけて現金を脅し取ったとして、福山市の18歳の少年ら3人が3月2日、逮捕された。

逮捕されたのは、福山市に住む18歳の少年と、少年の友人で住所不定・無職の今道陸哉容疑者(21)、福山市千代田町の自営業・高市真夢容疑者(23)の3人。

警察によると、少年らは20年9月から11月中旬までの間、被害者の男性(25)に対し、「ボコボコにされるのと、15万円払うのとどっちがいいんや」などと言って脅したうえ、21年1月には福山市にある男性の勤務先にまで押しかけて、「今払えるだけ払ってもらわんと、手ぶらじゃ帰れん」などと言って、男性を近所のコンビニエンスストアに連れ出し、現金1万5000円を脅し取った疑いが持たれている。

被害男性と少年(18)の間には共通の知人女性がいて、警察はこの女性をめぐって2人が何らかのトラブルになったとみて詳しい動機や経緯などを捜査している。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ