尾道で牛刀でネコを突き刺した男を再逮捕

2月18日に、尾道市で刃物を所持していたとして現行犯逮捕された男が、猫を傷つけていたとして2月27日、再逮捕された。動物愛護法違反の疑いで再逮捕されたのは、住所不定の自称派遣社員・森本泰史容疑者(26)。警察によると、森本容疑者は2月16日に尾道市東土堂町の参道付近で、2匹の猫を牛刀で突き刺し傷つけた疑い。

森本容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。森本容疑者は2月18日に尾道市の交番に「刃物を持っている」と自首。牛刀を所持していたとして警察に現行犯逮捕され「猫を傷つけるために牛刀を所持していました」と供述していた。

その後、森本容疑者のスマートフォンから森本容疑者が撮影したとみられる2匹の猫を傷つけている動画が見つかっているという。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ