月1000円の会費でSNSでわいせつ画像を販売した呉市の男女を逮捕

2月24日、SNSでわいせつな画像を販売したとして、広島県警は呉市の臨床検査技師の女(23)と会社員(22)をわいせつ電磁的記録等送信頒布容疑で逮捕したと発表した。いずれも容疑を認めているという。
 
発表によると、2人は共謀し、21年1〜2月、県内の男性にSNSでわいせつな画像6点を送信し、販売した疑い。2人は2019年、インターネット上に会員制サイトを開設。入会者から月1000円の会費を募り、SNSでわいせつ画像を送っていたという。県警は画像の入手経路や売り上げなどを調べる。(読売)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ