車の中で女子中学生にわいせつ行為をした福山市の20歳の会社員の男を逮捕

21年1月、福山市内の駐車場などに止めた車のなかで、女子中学生に性的暴行を加えた疑いで20歳の会社員の男が逮捕された。女子中学生は当時、車に一緒にいた友人へのわいせつ行為を止めようとして脅され、被害にあったという。逮捕されたのは、福山市瀬戸町の会社員・森田悠太容疑者(20)。

警察によると、森田容疑者は1月20日午前0時半ごろから午前2時前までの間に、福山市内の駐車場などに止めた車の中で、女子中学生に性的暴行を加えた疑いが持たれている。

当初、車には被害少女の友人である未成年の男女2人も同乗していて、森田容疑者がもうひとりの女の子にわいせつな行為をしようとしため、この女子中学生が止めに入ったという。

すると、森田容疑者が「自分を守るん?友達を守るん?」などと脅して被害少女と2人きりになり、犯行に及んだという。

調べに対し森田容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。森田容疑者と被害少女には面識があったとみられ、警察が詳しい経緯や動機について捜査を進めている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ