乗客のいない路線バスと車か正面衝突

2月23、広島市安佐北区で、路線バスと軽乗用車が正面衝突したという。さらに、バスには乗客が1人もいなかったという。通勤、通学の時間帯を過ぎると乗客は減るが、田舎のバスの実態が露呈してしまった。

2月23日午前10時35分ごろ、広島市安佐北区小河原町の県道で、広島市内の60代女性の軽乗用車と路線バスが正面衝突した。安佐北署によると、女性はあばらなどにケガをして重傷だという。

バスには乗客はおらず、バスの運転手にケガはなかった。

現場は片側1車線の緩やかなカーブ。

同署は、北進していた軽乗用車が対向車線にはみ出したとみている。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ