海自潜水艦「ちはや」の乗員が暴力団と組んで住宅ローンを騙し取る

2月23日、広島県警捜査4課は、暴力団員のための住宅購入資金として融資を受ける意図を隠して住宅ローン契約を結び、金融機関から約3千万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで、海上自衛隊潜水艦隊所属の西浦大輔容疑者(48)=広島市東区=ら3人を逮捕した。

他に逮捕したのは、指定暴力団共政会組員佐々木渉容疑者(48)=広島市西区=と、内縁関係にある露天商松本幸枝容疑者(47)=同。

海上自衛隊呉地方総監部によると、西浦容疑者の階級は3曹で、呉基地を母港とする潜水艦救難艦「ちはや」の乗員。県警は同基地内で西浦容疑者を逮捕した。(共同)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ