海田町のJR山陽線で列車が線路内にいた男性と衝突、2500人に影響

2月22日夜、海田町のJR山陽線で、列車が線路内にいた男性と衝突する事故があり、男性はその場で死亡が確認された。22日午後9時半ごろ、海田町成本のJR山陽線で岩国駅から糸崎駅に向かう上り普通列車が線路内にいた男性と衝突した。男性は成人とみられ、その場で死亡が確認された。

列車の乗客およそ120人にケガはなかったが、この事故でJR西条駅から海田市駅間の上下線が2時間45分に渡って運転を見合わせ、列車7本が運休するなどおよそ2500人に影響がでた。

列車の運転士は「線路内に人影を見つけブレーキをかけたが、間に合わなかった」と話しているということで、警察は男性の身元の確認を急ぐとともに、詳しい事故の原因を調べている。(TSS)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ