東広島市志和町の市道で71歳の女性が車にはねられ死亡

2月22日夕方、東広島市の市道で道路を渡っていた高齢の女性が、車にはねられ死亡した。22日午後6時半ごろ、東広島市志和町の市道で、横断歩道のない道路を渡っていた近くに住む71歳の冬木文子さんが軽自動車にはねられた。

冬木さんは病院に搬送されたが、頭を強く打つなどしておよそ2時間後に死亡した。軽自動車を運転していた48歳の女性にケガはなかった。

警察によると、現場付近は街灯がない場所で事故当時は暗く、周囲が見えずらい状況だったという。警察は軽自動車を運転していた女性から話を聞くなどして事故の原因を詳しく調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ