新型コロナ、広島市民病院が2度目のクラスターなど新たに7人が感染、県内延べ4993人

2月18日、広島県内では新たに7人が「新型コロナウイルス」に感染したことが明らかになった。内訳は、広島市で5人、福山市で2人。これ以外の自治体での感染確認がないのは、20年12月1日以来となった。この内、広島市は、2度目の感染者の集団・クラスターが発生した広島市民病院の職員が感染したことを新たに確認した。この職員間のクラスターは8人となった。病院は感染が起きた病棟への新たな入院の中止を継続する一方、その他の診療は、通常通り実施している。(広島テレビ)

これで県内での感染者は延べ4993人となった。(県)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ