「椅子にガムが付いていてズボンに付いたんだよね」示談金詐欺の男を逮捕

20年11月、広島市安佐南区で「椅子にガムが付いていて、ズボンに付いた」などと嘘を言って、飲食店から弁償金として現金1万円をだまし取った疑いで32歳の男が逮捕された。詐欺の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の川島翔大容疑者(32)。

警察によると、川島容疑者は20年11月26日、広島市安佐南区祇園の大型商業施設内にある飲食店で、「椅子にガムが付いていてズボンに付いたんだよね」などと従業員に嘘を言って、店から弁償金として現金1万円をだまし取った疑いが持たれている。

調べに対し川島容疑者は「今は話したくない」と供述しているという。警察は他にも余罪があるとみて詳しく捜査している。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ