自民党広島県連が次期参院選広島で経済産業省課長補佐39歳を擁立予定

河井案里氏の当選無効に伴って、21年4月に行われる予定の参議院広島選挙区の再選挙の候補者について、自民党広島県連は地元出身で経済産業省に勤務する30代の男性官僚を軸に調整を進め、2月16日、決定するという。

県連会長の宮沢・参議院議員らが2月14日、広島市内などで経済産業省課長補佐の西田英範氏(39)と会談し、再選挙に立候補するよう要請した。

関係者によると、西田氏も立候補に前向きな意向を示したということで、県連は西田氏を軸に調整を進め16日、幹部による会合を開いて候補者を正式に決定するという。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/43816b1474b036727de0ba2a932361fac480ac3f

三次

2021/02/15 (Mon) 17:45 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ