新型コロナ、新たに患者1人が死亡など8人が感染、県内延べ4940人

2月13日、広島県では、新たに8人の新型コロナウイルス感染と1人の死亡が明らかになった。感染が確認されたのは、広島市で20代、30代、80代の5人。福山市で10代と30代の2人。呉市で40代の1人の合わせて8人。1日の感染者が10人を下回るのは4日連続。

また、県内の医療機関に入院していた患者1人が死亡した。

これで、患者が亡くなった人は99人となり、感染者は延べ4940人となった。(広島テレビ)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ