世羅町で住宅が全焼、焼け跡から1人の遺体が見つかる

2月13日未明、世羅町で住宅が全焼する火事があり、焼け跡から1人が遺体で見つかった。13日午前2時ごろ、世羅町重永の有田安子さん(54)の住宅から火が出ていると消防に複数の通報があった。

火はおよそ1時間後に消し止めらたが、2階建ての住宅1棟が全焼し、焼け跡の1階部分から1人が遺体で見つかった。

警察などによると、この住宅には有田さんと30歳の息子が2人で住んでいて、有田さんはけがはなかったが、息子と連絡が取れなくなっているという。

警察は、死亡したのは有田さんの息子とみて身元の確認を進めるとともに、火事の原因を詳しく調べている。

現場は、尾道自動車道の世羅インターチェンジから西に9キロほど離れた住宅が点在する地域。(NHK広島)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ