新型コロナ、新たに9人が感染、県内延べ4925人

2月11日、広島県内では、新型コロナウイルスに新たに9人が感染したことが明らかになった。病床の使用率は20年11月以来の10%台となっている。感染を確認したのは、広島市で4人、福山市で3人、東広島市と海田町でそれぞれ1人の合わせて9人。

これで県内の感染者は、延べ4925人となった。

県内の感染者の推移は減少傾向が続いており、2月8日から4日連続で10人以下となっている。

医療機関の状況は、10日時点で入院患者は9日より17人減り94人、病床の使用率は19.7%まで減少した。

広島県によると20%を下回るのは20年11月20日以来で83日ぶりだという。

重症の患者は2人減って6人となっている。(広島テレビ)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ