18歳の三次市民が80代の庄原市民夫婦を車で衝突して死亡させて逮捕

2月7日、庄原市の国道で軽乗用車と乗用車が衝突して80代の夫婦が死亡した事故で、警察は無免許のまま酒に酔った状態で乗用車を運転して2人を死亡させたとして、三次市の18歳の少年を逮捕した。

2月7日午後4時ごろ、庄原市西城町大佐の国道で、軽乗用車と対向車線を走っていた乗用車が衝突し、軽乗用車を運転していた近くに住む岡田和歌子さん(80)と、助手席に乗っていた夫の重紀さん(85)が病院に運ばれたが、その後、死亡した。

警察が捜査したところ、衝突した乗用車を運転していた三次市に住む18歳の無職の少年から基準を超えるアルコールが検出された。また、少年は運転免許を取得していなかったということで警察は10日、無免許のまま酒酔いの状態で運転していたとして、無免許過失運転致死などの疑いで逮捕した。

調べに対し、容疑を認め、「乗用車は兄からもらった」などと供述しているということで、警察が詳しいいきさつを調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ