安佐南区のアパートで60代男性が刃物で刺されて死亡

2月9日夜、広島市安佐南区のアパートで、60代の男性が刃物の様なもので刺され、死亡した。9日午後11時頃、広島市安佐南区相田で、「揉め事があった」との110番通報を受けて警察官が現場に駆け付けたところ、アパートの1室で60代の男性が刃物の様なもので刺され、倒れているのが見つかった。

60代の男性は体を数カ所刺された状態で、病院に搬送されたが、死亡が確認された。警察は殺人事件として捜査を進めるとともに、当時、現場に居合わせていた60代の知人男性2人から詳しく事情を聴いている。(TSS)


一緒にいた男を逮捕

広島市安佐南区のアパートで2月9日夜、60歳の男性が刃物で首などを刺されて死亡し、警察は部屋に一緒にいた69歳の男を殺人の疑いで逮捕した。逮捕されたのは、広島市安佐南区相田1丁目の無職、合谷雅明容疑者(69)。

警察の調べによると、合谷容疑者は9日午後11時ごろ、安佐南区にあるアパートの自分の部屋で、中区白島北町のタクシー運転手、権田佳雄さん(60)の首などを刃物で刺して殺害したとして、殺人の疑いが持たれている。

警察は、アパートでトラブルが起きたという通報を受けて捜査したところ、部屋には権田さんが刺されて倒れていたほか、血のついた刃物が見つかったという。

その場にいた合谷容疑者から事情を聴いたところ、容疑を認めたことなどから10日朝、殺人の疑いで逮捕した。当時、部屋には3人がいて、一緒にいた60代の男性も顔に軽いけがをしているという。

合谷容疑者は当時、酒に酔っていたということで、警察は3人が一緒に飲酒をしている際に何らかのトラブルがあったとみて詳しいいきさつを調べている。(NHK広島)




広島市安佐南区 殺人未遂

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ