「4億円の宝くじが当選した!」詐欺師には優しい広島のアラサーが1400万円だまし取られる

SNSで知り合った男性から紹介された架空の宝くじサイトに応募し「4億円が当選した」などと嘘のメッセージを受け取った広島市の30代の女性が、手数料名目などで現金およそ1400万円をだまし取られる詐欺被害が発生したという。

警察によると、1月26日ごろ、広島市の会社員の女性(30代)がSNSで知り合った男に紹介されたインターネット上に作られた架空の宝くじサイトに応募したところ、「4億円が当選した」などのメッセージを受信した。

宝くじサイトの担当者をかたる犯人から「個人所得税が掛かる」「振り込みの手数料が掛かる」などと電話やメッセージで伝えられ、女性は2月3日までの間に合わせて6回に渡り、現金およそ1400万円を犯人が指定する口座に振り込んでだまし取られた。

指定される金額が次第に大きくなり、最後は1000万円を要求されたことから不審に思い、女性が警察に相談して事件が発覚した。

県警は、高額の宝くじ当選をうたった詐欺被害が相次いでいるとして、注意を呼び掛けている。(TSS)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ