広島大学病院の臨床検査技師が個人情報が入ったUSBメモリを紛失

2月5日、広島大学病院は、臨床検査技師が患者59人分の個人情報が入ったUSBメモリを紛失したと発表した。今のところ個人情報の流出は確認していないという。広島大学病院によると、紛失したのは、患者の名前や検査データなど59人分の個人情報が入ったUSBメモリ。

1月21日、臨床検査技師が会議資料を作成するため、データを私物のUSBメモリに入れて自宅に持ち帰ったが、翌日、USBメモリがないことにことに気づき、まだ見つかっていないという。

広大病院では、USBメモリやファイルにパスワードを設定することを条件に私物の使用や病院外への持ち出しを認めているという。

今回、ファイルのデータには、パスワードが設定されていたが、USBメモリにはパスワードが設定されていなかったという。

現時点で、個人情報の流出は確認されていないということで、広大病院は該当する患者にお詫びの文書を送るとともに、教職員等に対し個人情報の管理を徹底するよう注意喚起を行ったとしている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ