新型コロナ、新たに自衛隊海田駐屯地でクラスター発生など29人が感染、県内延べ4730人

1月28日、広島県内では、これまでに合わせて29人が新型コロナウイルスに感染していることが明らかになった。広島市で16人、福山市で7人、呉市で2人、東広島市で2人、海田町で1人、府中町で1人の感染が確認された。

また、県は海田町にある自衛隊の海田市駐屯地で28日に公表した30代の1人を含む18人の感染者の集団(クラスター)が発生したと発表した。いずれも隊員だという。

また、府中町内の高齢者施設でも28日に公表した80代1人を含む入所者5人のクラスターが発生した。

これで、県内での感染者は延べ4730人となった。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ